あなたの家はTOTO製?

トイレというのは一見ただ水が流れるだけ、と思いがちですがそこにはもの凄い科学技術が潜んでいるんです。トイレの詰まりを解除する。解除という言葉が的確はわかりませんが。プランジャーという吸盤みたいな道具についてのブログを拝見しまして、書きたい衝動にかられました。3か月ほど前に家のトイレが調子悪くなり、猫の砂を流すにも強力なトイレが必要だな、と。そこで強制的に圧力をかけるタンク内蔵のにしようかなと考えていました。しかし、これは機械的に少複雑な構造で、壊れたらたいへん。そして音も大きい。レバーをひねるもんなら、中国まで聞こえるんじゃないか?ぐらいの騒音です。そして店に見に行ったらこれは内部の圧力機構だけでも2万円近く。トイレもろとも買ったら4万五千円くらい。そしたら日本製のTOTOがあったんですね。ダメもとで買いました。これで満足いかなかったら、一生日本製のトイレは買わないぞ、と。付けたら驚きです。流石、日本製!!と叫ぶところでした。凄いです。バケツ一杯の猫の砂でも流れますかね。今まで時詰まらせて、プランジャーのお世話になっていたのが嘘のよう。これは内緒にしないとプランジャー\xC0

Ã邁饉劼❹弔屬譴泙后↗▲瓮螢ǂ縫廛薀鵐献磧爾⓰譴弔睫気ぁ2甬遒琉篳Ľ砲覆蠅泙后L譴気麈未気鵑❶△修Δい┐个△辰燭茲誉痢↗廛薀鵐献磧爾箸ǂいι垪拗¤糞枷廚澆燭い覆痢◀△辰燭茲諭次"豌箸飽譴帖◀い筺■海弔阿蕕い△辰燭鵑犬磴覆ぁ△覆鵑董6欧襪戮\xB7TOTO

やっぱり流れのデザインをエンジニアが徹夜して考えたんでしょうか。ここ、アメリカにはなんと、流れない欠陥トイレもあります。誰かが、一応形だけトイレのカタチしてればいいんじゃないの?とか思って制作したんでしょうか?新品を3万円出して、取り付け工賃とかも払って、流れなかったら絶対誰でも頭にきますよね。笑い事じゃないですよ、ホント。しかしTOTOはくどいようだけど凄いです。なんとタンクに水が満杯になる時間も明らかに短い。ということは、万が一流れなかったら、二度目も即レバーを回せるんですね。恐るべしTOTO

もう完全に虜です。しかし、言っておきます。レバーを二度ひねったことはありません。一度でTOTOは確実に仕事をしてくれます。最近は他でTOTOを見かけると、違いが判る奴がいるな。フフフ、と。ちなみに自分の人生ではトイレの交換回数は1ダース近いです。貸家などで必ず交換していたし、一家の全トイレ3つを交換したこともあります。TOTOはアメリカの社会をくつがえす力があります。というのは大袈裟ですけど。みんな、内緒ですよ。80年代の日本車バッシングみたいにになったらやばいんで。