バンクーバーから

の便りを送って頂き、

熟年結婚された尊敬するご夫婦です。

旦那さんの健康状態も良くなって

不器用で容姿ものつるっとしてます。

本人も仰る位の方です。

背は高くて、知識は豊富。

食欲が旺盛な先生。

彼とは大違い

年下の奥様に、

ダイヤネックレス、ショール、ワインをプレゼント

猛プッシュで、プロポーズ。

低層階でマンションを、新しく

彼女の為に購入しました

スーパーまで徒歩1分。

男前な先生です

本当は閑静な高級住宅街と思ったそうですが、

もしもの時、エレベーターが停まったら?

足腰が弱ることを考えて、階段が登れない。

せめて45階までということで、

低層階にしたそうです。

十分閑静な高級住宅街ですが

生きていく上で、必要なスーパーは、

車に乗れなくなったら?

ということで、徒歩1分の場所のマンション。

一軒家は足腰が弱くなって、

2階を使わないかも?

一軒家は、平屋がいい。

けれど、平屋は土地探しに時間がかかる。

と直ぐに一緒に住めないから、

マンションにしたそうです。

50代、60代になるとそう考えるのよ

と聞かされました。

現実的な考えに、納得です。

愛されてる奥様

そして彼女を離したくない旦那さまの愛情

今は、平屋の土地は探しているそうです。

ちゃん家のほうでなーい?

見つけたら教えてねと言われてます。

ここは人気エリアで、

高級住宅街なのと、緑や自然も多く、

スーパーも近い、飲食街も近い、地下鉄もメイン路線

ということで、皆にチェックを頼まれます。

2、3年前に参道に数所売りに出た土地は、

友人夫婦が購入しました。

2階建ても、最近は階段を低くして、エレベーターを作ったり、皆さん色と老後を考えてます。

リビングと、ベッドルームがあればいいのよ。

そして、各部屋が広ければいいのよ

歩きやすい、車椅子でも通りやすいとかねっ

あとは、たまるだけの、特に女性の、

クローゼットがあればいいのよと。

色思い出しながら、

ご主人が撮られた可愛い奥様

顔隠してます。

いつもご夫婦で歩いて、

近くの高級住宅街で外食をされています。

健康に気遣いしています。

炙り寿司

バンクーバーは、

夜10時位まで明るくて、

一番過ごしやすい時期だそうです。

いいなぁ、体調が良かったら

日本の猛暑の時に、一度行ってみたいなぁ

いつも包容力溢れるご夫婦で

励ましを頂いています。

ありがとうございます

先生がくる前に、blog作業で気分を変えて

楽しくなることを考えて

頭が割れる様に痛い

広告を非表示にする