TBMレコードについて、、、 今日の Ymobile

6/7の日記。

Ymobile回線、直近3日間のデータ使用量 621.5MB。

今月のデータ使用量 1.92GB(午後21時現在)。

終日通常速度。計測は4回。

今日の Ymobile回線「SpeedSmart」実測値、

午前7時、ping 54ms、

下り 17.6Mbps、上り 2.43Mbps。

午後2時、ping 47ms、

下り 17.8Mbps、上り 1.25Mbps。

午後6時、ping 51ms、

下り 18.5Mbps、上り 3.12Mbps。

午後11時、ping 48ms、

下り 15.1Mbps、上り 3.67Mbps。

以上。計測値、下り速度は良好。

使用感、メール・Web・YouTubeともに良好 ○。

動画は、すべて 720Pで正常に再生された。

TBMレコードについて、、、 ひょんなきっかけ

で「TBMレコードが、2014年12月24日東京地裁

におい破産手続開始決定を受けた」と知ることに

なり驚いています。思い返すと 3年くらい前の

夏までの約半年間、FAXとかDMでこの会社から

XRCDの格安販売のお知らせが頻繁に届いてまし

た。そもそものきっかけは、さかのぼること3年

くらい前に、ソニー・ミュージック・ダイレクト

からリリースされた TBM盤の復刻が途切れたの

で電話で問い合わせたら、時々 DMが届くように

なったのですが、最初のうちは散発的に出ていた

新譜の案内だったのが、いつの間にか某社XRCD

盤の在庫処分案内に代わってました。

今思うと、XRCDに惚れ込んだあまりに他社の

不良在庫まで抱え込んで大変な思いをされていた

ようで、お悔やみいたします。

それに、SACDでの再発が続いていれば、SACD

の市場活性化にもつながり、良い音を求める

ファンも広がったと思うと残念。

CDのフォーマットの限界を超える音を求める

ユーザーへの回答が XRCDだったとすれば

あまりにも大きな間違い。他にも、ブルーレイ・

オーディオとか選択肢があっても見ようと

しなければ結果は同じ。(コラ)

TBMレコードオーナーの藤井氏が嫌っていた

ソニーレコードですが、その後ディスクユニオン

のプライペートレーブルで再発された盤が

Blu-speck-CDなのは皮肉な結果です。(だったら、

SACDで OKすれば良かったのに、、、)

ーmicro